蒸ししょうがの作り方と効果

蒸ししょうが〜体がポカポカ温まって、全身燃焼ボディに!〜

冷えの改善には、代謝の高い体になることが大事です。
体温が1℃下がると基礎代謝は約12%も下がるとされています。
現代人は、体を冷やす飲食物のとり過ぎなどで、低体温の人が増えています。
今、体温アップに効果抜群と言われているのが、蒸ししょうがです。
しょうがは元々体を温める食材として有名ですが、蒸すことでさらにその効果がアップするのです。
しょうがに含まれるショウガオールという成分があります。
ショウガオールは、血行をよくして、体内の脂肪や糖質の燃焼を促して体温を上げる効果や、老廃物の排出を促す効果があります。
それらの効果が蒸すことで10倍にも増えるのです。
蒸ししょうがは自宅で簡単に作ることができます。
蒸して干すだけなので簡単です。
保存もききますので、まとめて作っておけば、手間なく続けることができます。
ぜひ、料理や飲み物に加えて、代謝の高い体を目指してみてください。

蒸ししょうがの作り方

<しょうがを薄く切る>
しょうがの皮を汚れた部分だけをそぎ落として、1〜2mmくらいの厚さに切ります。
皮のすぐ下に薬効成分がたくさんありますので、皮はなるべくむかないようにしましょう。

 

【蒸し器の場合】
1.蒸す
蒸し器にクッキングペーパーを敷き、しょうがを重ならないように並べて30分ほど蒸します。
蒸し器がなければ、シリコンスチーマーを使って電子レンジ(500W)で10〜15分加熱します。

 

2.水気をとる
蒸し器やシリコンスチーマーで蒸すと、しょうがに水分が残っているので、クッキングペーパーを当てて水気をよくとります。
水気をよくとっておけば、天日干しの時間も短縮できます。

 

3.2〜3日天日干し
ざるなどにクッキングペーパーを敷き、しょうがを重ならないように並べて天日干しします。
晴れた日なら1日ほど、曇りなら2〜3日で乾燥します。室内干しなら1週間ほど干してください。

 

【オーブンの場合】
1.80℃で1時間
80℃に設定して、タイマーを1時間にセットして加熱します。
45分以降に乾き具合をこまめに確認して、完全に乾いたら完成です。
80℃に設定できない場合は、100℃で40〜50分ほどを加熱の目安とします。

 

2.出来上がり
オーブンの場合、完全に乾燥すれば、天日干しをしなくてもOKです。
ただし、時間を延ばしてもなかなか乾かない場合は、半日〜1日程度かるく天日干しをして乾燥させましょう。

蒸ししょうがの保存方法

蒸ししょうがは密閉できる容器に入れておけば3ヶ月程度保存可能です。
細かく刻んで粉状にしておいて、小ビンに入れて携帯すれば外出先でも飲み物などに加えて手軽にとれます。

蒸ししょうがのとり方

@1回の目安は1g
蒸ししょうがはたくさんとっても特に問題はありませんが、1回に1g程度(ティースプーン1杯程度)を目安にとりましょう。
とるタイミングは、1日のうちいつでもOKです。

 

Aいろいろなものにかける
蒸ししょうがは、紅茶やみそ汁などの飲み物や、パスタやごはん、煮物、鍋物などの料理にと、さまざまなメニューにアレンジ可能です。
いろいろなものにかけてみましょう。

 

B持ち歩いて外食時にもとる
蒸ししょうがは、小ビンや保存袋などに入れて携帯し、外出先でも飲み物に入れたりしてとるのがお勧めです。
さっと混ぜるだけで温めメニューに変わり、燃焼系ボディづくりに役立ちます。